独自のローズセラピーで

心身の不調を和らげ

女性の転換期を輝きに変えるサポートをする

ローズハートセラピスト

籔 雅子です。

 

昨日、二十四節気の穀雨を迎え

気温も上がって、バラの蕾が

一気に膨らみました。

このバラが見える窓辺では

美しい音楽を流しています。

植物も音楽を聴くんですよ。

 

今はちょうど娘がピアノの

練習しているので、バラたちは

今、ジャズの調べを

聴いています。笑

蕾が膨らむマダム・ジュール・グラブロー

二十四節気 穀雨 4月20日頃

春雨降りて、百穀(ひゃっこく)を

生化(しょうか)すればなり[暦便覧]

すべての穀物を潤す春の雨が

田畑を潤し植物の成長を助ける時期

 

ベランダのバラたちも

水やりをすると「ゴクゴク」と

根っこが水を「飲んでいる」

のがわかります。笑

 

緑のとびらでは

私たちにエネルギーを与えてくれる

植物の魅力をお伝えしていますが

 

三菱一号館美術館で開催されている

ルドン〜秘密の花園〜展では

神秘的な美しい植物の世界が

繰り広げられています。

ルドンの描く樹木には樹液が流れ

モノクロの目玉の植物も

グランブーケのような色鮮やかな植物も

全てに生命が宿り、目に見えない

不思議な神秘の世界に浸ることができます。

美術館の中庭の樹液が流れる植栽

頭の中にフランス音楽の

美しいメロディーが流れる

心地よい空間です。

 

〜秘密の花園〜

 

ルドンの描く植物の中には

現実にない空想の花が

素敵な色合いで登場します。

 

ナナカマドやひなぎく

芥子などの現実の植物と

 

目に見えない世界の花、生命

内面から湧き上がる空想の植物が

絶妙な色合いのコントラストで

まさに 夢の世界

秘密の花園に誘ってくれます。

 

国立西洋美術館で開催されている

ビュールレ・コレクション展で

私が一番印象的だったのは

ゴッホのマロニエです!

(マロニエ:セイヨウトチノキ)

何度見ても実物には

今すぐそこに咲いてるような

パワーがあります。

(ゴッホのピュアな視線にも

ドキドキします。笑)

ぜひ実物をご覧になってみてください。

こちらはモネの睡蓮(撮影可能でした)

 

ビュールレコレクションは5月7日まで

ルドン展は5月20日まで開催

 

緑のとびらのレッスンでお出しする

ハーブティーにも

実習で調合していただくアロマにも

エネルギーを感じていただけるよう

心を込めています。

 

私たち更年期世代の女性には

女性ホルモンの変化による

心身の不調や

 

子どもの巣立ちや親の介護

看取りなどの環境変化による

戸惑いを感じている方が

多くいらっしゃいます。

 

真面目な方ほど、こうあるべきと

ご自身の寂しさや疲れは後回しにして

一生懸命頑張ります。

 

環境は変えられなくても

疲れ切ってしまう前に

バラや植物の力、五感を癒すセッションで

不調をコントロールする術が身につくと

 

心穏やかになり、幸せに美しく輝き

周りの方達にも幸せが広がります。

 

ルドンの秘密の花園のような

想像の世界にも浸ることができる

新緑がまぶしく、彩り豊かな花の季節に

緑のとびらのローズセラピー体験会を

開催いたします。

===================

緑のとびらのローズセラピー体験会

環境や心身の変化に戸惑いを感じてる

更年期世代の方へオススメ!

 

スケジュールはこちら↓↓
クービック予約システムから予約する

================

素敵な週末をお過ごしください。