バラの季節の五月は、家族の誕生月で母の日もあり

花盛りです。

ベランダのオーガニックローズ

優しいローズ香に穏やかな気持ちになります。

兄一家から次女へ

娘たちへのプレゼントは、マゼンタカラーで女子力アップ(笑)

兄一家から長女へ

「バラはたくさん咲いてるから、カーネーションにした―♪」と娘たち

母の日2017

母の日に長女が作ったパエリア

2017年母の日、長女のパエリア

魚介で埋まって、サフランライスが見えませんが(笑)

うまみがしみ込んだ黄色いライスが下に隠れています。

パエリアやブイヤベースに欠かせないサフランは

花の柱頭で1g採るのに約300個の花が必要な

貴重で高価なハーブです。

サフランは、血液の代謝、循環、女性の

生理体系に効果が期待できます。

中東では、ハーブティとして服用されています。

(子宮収縮があるので妊婦さんには使いません)

ほんの少しで、ご飯を美しい黄色に染めるのは

水溶性の黄色色素のクロシン。

歴史は古く、クノッソス宮殿の壁画に

サフランを摘み取る人々の絵が残されています。

バラもハーブもアロマも未知の世界が広がっていて

まだこれから多くの人々に役立つ力が潜んでいます。

「緑のとびら」のアロマコースレッスンでは

皆様と一緒に愉しみながら魅力を発見していきます。

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

母の日ケーキ、誕生ケーキにも、ハーブティのブレンドをいろいろ試して楽しみます。