マダム・ジュール・グラブロ―

これは、第14回国際バラとガーデニングショウの

フロントガーデン部門に出展した際

オリーブグリーンの「緑のとびら」に似合う

色合いなので、扉のそばにレイアウトし

会期中ずっと咲き続けてくれたバラです。

ショウの後、自宅のベランダに戻って養生し

毎年美しい表情で咲いています。

落ち着いた素敵な大人の女性を想像させる

お気に入りのバラの一つです。

 

フランスのバラの街、ライレローズのバラ園

正式名は『ヴァル・ドゥ・マルヌ県のバラ園』を

ジュール・グラブロー氏という実業家が創りました。

ジュール・グラブロー氏は、元々パリ7区にある老舗百貨店

ボンマルシェの販売部ディレクターとして活躍し

44歳の若さで退職します。その後、ディレクター時代に

築いた財を元に、ライ村にてバラ園を始めます。

完全なる趣味で始まった彼のバラ園が

現在のライレローズのバラ園の始まりです。

このバラ園には、奥様のために創った

「グラブロ―夫人の道」があります。

とても仲の良いご夫婦だったとのこと

私はこのバラの手入れをするたびに

この素敵なエピソードが浮かんできます。

 

以前に書いたブログ記事

2018年5月〜開催

ローズセラピー体験会のスケジュールはこちら

クービック予約システムから予約する